色相 環 図。 デザイナーじゃなくても知っておきたい色と配色の基本

色相環│色彩学講座

環 図 色相 環 図 色相 環 図 色相

色彩理論によれば、色相環上で向かい合う2色か、色相環上で等間隔に三角形を形成する3色か、長方形を形成する4色(実際には、色相環上で向かい合う色を2対)を使えば、調和のとれた色の組み合わせになります。

5

色彩理論・色相環図に学ぶ。相性抜群な「色の組み合わせ」

環 図 色相 環 図 色相 環 図 色相

(については後述します) みなさんもよくご存知の「虹」も、この色相環と同じ順序で並んでいます。 論理的で、知的なイメージが強く、見た人に信頼性、誠実さを印象づける色といえます。

20

24色相環チャート!純色とその中間色

環 図 色相 環 図 色相 環 図 色相

連想するキーワード:カジュアル、洗練、冷静、治癒 この色から連想されるのは、空や水、暗がりの森です。 複数の色を統一したイメージで表したいときも、トーンを使うと綺麗にまとまります。

6

12色の関係性が分かる色相環チャート

環 図 色相 環 図 色相 環 図 色相

彩度は色の鮮やかさの度合いで、明度は明るさの度合いを指します。 また、白や黒を混ぜる割合次第で、真っ白から真っ黒までさまざまな色のバリエーションが作れます。

9

色相

環 図 色相 環 図 色相 環 図 色相

連想するキーワード:楽しい、元気、上昇志向、知性、好奇心、洞察力、決断力、想像力、快活、協力 太陽や光といった、明るいものをイメージさせる色で、それらのイメージから栄光や幸福といった意味を与えられる色です。 しかし、純色や、明度の同じ補色同士を組み合わせると、お互いが主張しすぎてハレーションを起こしてしまいます。 調和のとれた色の組み合わせは、 カラースキーム(配色)と呼ばれます。

色彩理論の基礎に学ぶ、相性抜群な「色の組み合わせ」

環 図 色相 環 図 色相 環 図 色相

色の効果をより引き出すためには、色相差を利用した配色がおすすめです。

16

色相

環 図 色相 環 図 色相 環 図 色相

色調(トーン) 色相、彩度、明度のうち、彩度と明度から色を分けたものを「色調(トーン)」と呼びます。

PCCSとは(色相環、トーン概念図)

環 図 色相 環 図 色相 環 図 色相

現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営の事業を中心に展開しつつ、企業や個人向けにデザイン・資料作成の講師兼アドバイザーとしても活動。

18

色の三属性(色相・明度・彩度)

環 図 色相 環 図 色相 環 図 色相

ポジティブなイメージ 自然やエコ、環境といった、植物にちなんだイメージを受けることが多く、そこから穏やかさや安らぎといった印象に繋がります。