奥州 藤原 氏。 第二幕:義経と奥州・藤原氏

第二幕:義経と奥州・藤原氏

藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州

これに関して河内祥輔は義経が事前に土佐坊の襲撃の情報を入手して院宣を申請し、17日の襲撃では最初から迎撃の態勢を取っていたとする。 平安時代に栄華を誇った奥州藤原氏。

中尊寺金色堂に眠る奥州藤原氏四代のミイラ

藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州

「紺紙金銀字交書一切経大品経」巻二十二の奥書• 先陣は畠山次郎重忠…」とある。

9

奥州藤原氏

藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州

次男ですが正室を母としたため、嫡男として扱われました。 ちなみに江戸幕府を開いた徳川家康も新田氏を通じた義家直系を自称していますが、事実かどうかは定かではありません。 継々室:信夫佐藤氏の娘• Sponsored Links 奥州藤原氏と藤原道長は、同じ「藤原」ですが、両者に何か関係はあるのでしょうか。

17

奥州藤原氏前史 │ 平泉の歴史 │ 平泉の文化遺産

藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州

義経が院宣を最初に申請したのは、『吾妻鏡』では10月13日、『玉葉』では同16日となっていて、17日の土佐坊による襲撃よりも前のことになっている。

15

藤原清衡

藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州

この人事は知行国主頼朝の下にあって兵糧徴収を行なう任務がある範頼らと、在京して平氏との最前線に位置する義経との役割の差であったとみなす説がある。

1

第二幕:義経と奥州・藤原氏

藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州

これまで見てきたように、清衡の前半生は戦乱に巻き込まれてきました。 藤原氏の家督は、正室から生まれた 泰衡(やすひら)が継ぎました。 も、範頼・義経に一元的に統率された形で行われた訳ではなく、独立した各地源氏一門や京武者たちとの混成軍という色彩が強かった。

2

第二幕:義経と奥州・藤原氏

藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州

みんな「安倍」とか「清原」とか、中央貴族と同じように「本姓」をそのまんま名乗っていた。 義経は幾多の苦難を克服しながら再び秀衡のもとに身を寄せました。 基衡は平泉に新たに毛越寺(もうつうじ)の建立を計画していました。

16

奥州征伐

藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州

泰衡は奥州藤原氏3代秀衡の次男に生まれました。

8

奥州征伐

藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州 藤原 氏 奥州

養和元年(1181)8月13日、藤原秀衡に、源頼朝を追討せよという宣旨が出た。 ところが幕府編纂の『吾妻鏡』は、反逆者であるはずの義経に対して非常に同情的であり、義経の心情に立ち入っている記述が多く見られ、「 判官贔屓」の度合いが強い。

13