アース カタストロフ。 北欧からロシアにかけての上空に突如「オゾンホール」が出現

アメリカや世界の自然災害の発生件数と経済的損失が黙示録的な増加を続けていることから予測される「2020年はさらなる覚悟の時代となる」こと

カタストロフ アース カタストロフ アース カタストロフ アース

論文で研究者たちは、「急減している昆虫の個体群の回復を可能にし、それらが提供する重要な生態系の役割を保護するために、農業業界の見直しが緊急に必要だ」と述べている。 ・ 噴煙の上や横にある数字は「マグマの噴出量」で、トバ火山のマグマの噴出量は「 2800」という数字がありますが、それに対して、最近の地球では非常に大規模な噴火だったアメリカのセント・ヘレンズ火山の噴火が「 1 」というあたりからも、トバ火山の噴火の超巨大ぶりがわかります。 () このくらいの規模の太陽フレアですと、地球に直接向いている場合、多かれ少なかれ影響は出ると思いますが、そのようなフレアを発生させた黒点がこれから地球に回ってくることになります。

8

北欧からロシアにかけての上空に突如「オゾンホール」が出現

カタストロフ アース カタストロフ アース カタストロフ アース

このレビューでは、絶滅の主な 4つの要因が強調されている。

8

[B! 自然] カムチャッカのシベルチ火山で近年の全世界の噴火の中で最大級の爆発的噴火が発生。1万2000メートルの高さに達する巨大なキノコ雲が立ち昇る

カタストロフ アース カタストロフ アース カタストロフ アース

過去 30年間で、全昆虫の総質量は年間平均 2. そして、絶滅せずに残っている昆虫のうちの 41%が減少していた。 又そこであまり身体に毒が入っていない方は免疫が出来、人にも感染しないとの事です。

17

北欧からロシアにかけての上空に突如「オゾンホール」が出現

カタストロフ アース カタストロフ アース カタストロフ アース

神様にお聞きした所、内モンゴルにその印が出たというのは、そこの所と関係のある新型コロナウイルスが、ここの地から発生し世界中に散らばって行く事になり、この世の終わり!という型示しだとのお答えでした。 以下は、ベルギーのルーヴァン・カトリック大学の研究による「西暦 1900年から 2018年までの世界の自然災害の発生数の推移」です。

ベトナムに出現したあまりにも神々しい彩雲と積乱雲のコンビネーション

カタストロフ アース カタストロフ アース カタストロフ アース

サンチェス-バイヨ博士はこのように述べる。

北欧からロシアにかけての上空に突如「オゾンホール」が出現

カタストロフ アース カタストロフ アース カタストロフ アース

そして最近神様に教えて戴き宇宙創造からの歴史年表が作成出来ました。

2